横浜中 ロータリー・クラブ 横浜中 ロータリー・クラブ

ABOUT CLUB ロータリーについて

ロータリーは機会の扉を開く

2020-2021年度
国際ロータリーのテーマ

ホルガー・クナーク

2020-21年度
国際ロータリー 会長
ホルガー・クナーク

ロータリークラブとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です。 ポリオ根絶のように大規模で歴史的なプロジェクトから、地域社会でのささやかなプロジェクトや1 本の植樹まで、奉仕する機会への扉を開いてくれます。 私たちの中核的価値観を基に、世界中の友人たちとともに、より豊かで意義のある人生への機会の扉を開いてくれます。 そして生涯続く友情の絆を築く機会、リーダーシップの機会などを与えてくれます。 私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。 あらゆる機会を皆さんと共有できることを楽しみにしています。 RI会長もチームの一員となって協力します。

1.数字を掲げて成長を求めることはしません。 これまで数字を掲げて成長を求めるたびに失敗に終わったからです。 数字にこだわる代わりに、いかにしてロータリーを成長させることができるかを考えて頂きたいと思います。 ①いかに現会員を維持し、クラプにふさわしい新会員を募ることができるか。 ②立ちはだかる課題に立ち向かうため、いかに組織を強くできるか。 ③ポリオ根絶の取り組みによって、世界でロータリーの認識が高まっているこの機会に行動を起こしましょう。

2.今ではアジアのロータリアン数が北米のその数を上回り、ロータリーが衰退し、老齢化しています。 デジタル革命の打撃は予想をはるかに超えています。 例えば、コダックもデジタル移行に対処しなかったために、数年で倒産しました。 ロータリーはこの機会をとらえて、中核的価値観により沿ったロータリーとなるべきであります。

3.ドイツでは、ロータリーは価値を共有し、高潔な心を持つ人のコミュニティであると考えています。 人々をロータリーに惹きつけるのは、友情と人脈づくりの機会です。 だからこそクラブが強いのです。奉仕の力は強いクラブから生まれます。

4.ロータリーは変わらなければなりません。 一つの方法は、新クラブのモデル(衛星クラブ等)をつくり、ロータリー会員であることの意味を考え直す事です。 既存クラブヘの入会を若い世代にとってより魅力的なものとする一つの方法は、環境にもっと焦点を当てることだと思います。 奉仕プロジェクトの環境保護や持続可能性をもっと優先させる必要性があります。 既存のクラブは、慎重に新会員を選び、それぞれの新会員にあったクラブに入会できるようにしてください。

5.ビジョン表明は、ロータリーの新しい行動計画の土台を成すものです。 すべてのロータリークラブは、少なくとも年に一度、戦略立案会議を開いてください。 5年後にどのようなクラブになりたいか。 クラブが会員にもたらす価値がどのようなものかを認識すべきです。

ホルガー・クナーク

国際ロータリーはこちら

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。
具体的には、次の各項を奨励することにある。

  • 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること
  • 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること
  • ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること
  • 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

付記:「ロータリーの目的」の4つの項目は、等しく重要な意味を持ち、
また同時に行動を起こさなければならないものであるということで、RI 理事会の意見が一致している。

奉仕部門

ロータリーの目的に基づく奉仕部門は、ロータリーの精神的な礎であり、
クラブ活動がよりどころとする基盤です。

  • クラブ奉仕 は、親睦活動とクラブの機能を充実させることを主眼とします。
  • 職業奉仕 はロータリアンが自らの職業を通じて人々に奉仕し、高い道徳水準を実践することを奨励します。
  • 社会奉仕 は、地域社会の人々の生活の質を向上させるためにクラブが行うプロジェクトや活動です。
  • 国際奉仕 は、世界中におけるロータリーの人道的な活動を広げ、世界理解と平和を推進する活動を含んでいます。
  • 新世代奉仕 は、指導力養成活動、奉仕プロジェクト、交換プログラムを通じて、青少年と若者による好ましい変化をもたらすものです。

四つのテスト

言行はこれに照らしてから

  • 1 真実かどうか
  • 2 みんなに公平か
  • 3 好意と友情を深めるか
  • 4 みんなのためになるかどうか

使命

国際ロータリーの使命は、他者に奉仕し、高潔性を推進し、
事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進することです。

多様性とロータリー

国際ロータリーは、個々のクラブにおける会員基盤の多様性が重要であることを認識しています。
会員に関する現行の指針の下、会員としての資格を備えた人々が地元地域にいるかどうかを調べ、
幅広い層の入会者を迎え入れるよう、ロータリーはクラブに奨励しています。
職業、性別、年齢などの面で地域の人口構成を反映したクラブは、未来にさらに発展していくでしょう。

LOGIN会員用ログイン

会員向けの情報は以下より
ログインしてください。