横浜中 ロータリー・クラブ 横浜中 ロータリー・クラブ

MESSAGE 会長挨拶

横浜中ロータリークラブ 会長  菊池 一行

2022-23年度
横浜中ロータリークラブ
会長
菊池 一行

         

横浜中ロータリークラブ活動方針のテーマ
「不易流行」

2022-23年度 国際ロータリー会長 ジェニファー・ジョーンズ氏(カナダ)は、「イマジン ロータリー」というテーマを掲げられました。
大切なのは会員にとっての快適さと会員への配慮であり、積極的な参加こそが会員の維持にとって重要であり、会員がロータリーに何を期待するかを尋ねた上で、果たしがいのある責任を会員に与えることが必要であると述べられております。
さらに、変化を受け入れることは、新しいクラブのモデルを受け入れることと語っております。
我が横浜中ロータリークラブにおきましても、クラブ、そして会員の皆様の未来を描くことを想像してまいりたいと存じます。
また重要項目としまして「DEI」、Diversity(ダイバーシティ):多様性、Equity(エクイティ):公平性、Inclusion(インクルージョン):包括性、への取り組みを行うことの重要性について掲げられております。
それぞれのロータリーとしての定義は、ダイバーシティについては、あらゆる背景を持つ人や幅広い文化、経験、アイデンティティの人を歓迎する。
エクイティについては、クラブ会員の公平な扱いと機会の均等を保つように努める。
インクルージョンについては、あらゆる人が歓迎されていると感じ、尊重され、会員として大切にされるクラブの環境づくりに力を注ぐ、とされております。
また、第2590地区 志村雄治ガバナーは地区テーマを「ロータリーの再生」-新たな挑戦-と発表されました。
それらを踏まえ、今年度横浜中ロータリークラブの活動テーマを「不易流行」として掲げ、会員皆様の協力を仰ぎながら、クラブ運営を進めてまいりたいと存じます。
我がクラブの伝統と新しいこと、その両方が揃って初めて物事が順調に進みます。
大堂年度、蕭年度におきましては、新型コロナウィルス感染症の蔓延拡大の影響で、例会や奉仕事業等がことごとく取り止めとなる事態となりました。
そのような困難な時点での会長職の引継ぎとなっております。
やり残したことをしっかりと受け継ぎつつ、新たなる改革に取り組んでまいりたいと存じます。
全会員の英知と努力により、難局を克服した上で次なる飛躍を期すべき年度と致したく存じます。

クラブの戦略計画を立て、会員増強に努めます。

クラブの強みと弱みを見つめ直し、会員数を60名にいたします。
3年未満の退会者防止の為のインストラクター制度、女性会員比率の向上、他クラブ退会者の入会促進等、クラブの今後の発展を鑑み、最優先メルクマールを会員増強と致したいと存じます。

女性が活躍する横浜中ロータリークラブにいたします。

ダイバーシティを踏まえ、役員・理事に女性会員を積極的に登用し、適材適所の会員配置をいたします。 本年度は女性理事を3名誕生させ、クラブの活性化を図ってまいります。

茶話会の実施をいたします。

新型コロナウィルス感染症が収束した段階より、例会開始前の11時30分から、例会場前にて気軽に話し合い、意見交換ができる場を設けます。

危機管理委員会を常設いたします。

                        

新型コロナウィルス感染症の状況のみにとらわれず、様々な事業リスクを未然に防ぎ、緊急時には迅速かつ適切な対応で影響を最小化するために、危機管理委員会を常設の委員会といたします。

インフルエンザの予防接種を実施いたします。

冬場の健康管理として、インフルエンザの予防接種を行います。

マイロータリーの登録を推進いたします。

マイロータリーへの登録率を現在の35%から50%へと引き上げます。

奉仕事業に対しての参加意識を醸成いたします。

ロータリーの大きな強みである奉仕事業への積極的な参加により、会員の皆様が繋がりを築く機会を提供し、この強みを活かします。

ロータリー財団、米山記念奨学事業への寄付の促進いたします。

それぞれの寄付目標を達成すべく、皆様のご理解と寄付にご協力をお願いいたします。

2022-23年度の地区方針

ガバナーテーマ

“ロータリーの再生”
~新たな挑戦~

1. 魅力あるクラブ創りに向けて、新たな挑戦をしましょう。

・親睦と奉仕というロータリーの原点を踏まえ、各クラブの特長を活かした楽しく充実したクラブ創りに挑戦しましょう。
・各クラブに見合った戦略計画/長期計画への見直しとその遂行に務めましょう。
・ロータリーの特長であり大きな強みは職業奉仕にあります。新会員、若年会員含め皆がつながりを築く機会を提供し、この強みを生かしましょう。(地区では新会員交流会 及び 職業交流会を実施予定です) ・ロータリーの多様性・公平さ・インクルージョン(DEI)について理解し、各クラブ、地区で今後の取組みについて考え、行動しましょう。

2. 会員基盤の拡大・強化に挑戦しましょう

・会員増強が引き続き最大の課題です。職業分類を見直し、女性の比率を上げ、若い世代の入会にも積極的に取り組みましょう。

3. 青少年奉仕活動の充実に向けて新たな挑戦をしましょう          

・インターアクトクラブ卒業生を中心にした 8 名以上で結成できる「衛星クラブ」を創立しましょう。そしてSDGS等の活動をしましょう。
・ローターアクトクラブも「衛星クラブ」結成を目指して、様々な活動をしましょう。
・青少年交換は、危機管理をしっかり行って 2022-23 年度に 2~3 名の派遣学生を募集し、2023-24 年度からのプログラム再開をめざしましょう。

4. 各クラブにあった新しい奉仕プロジェクトに挑戦しましょう

・「イマジン・ロータリー」というRI会長テーマの下、未来に向かった奉仕プロジェクトを実施しましょう。

5. ロータリー財団と米山記念奨学事業に対するご理解と寄付に協力をお願いします

 (ロータリー財団の寄付目標)
〇年次基金寄付 一人当たり150USドル以上
〇恒久基金寄付(ベネファクター1名相当の寄付額は 1,000USドル)
 30名未満のクラブは 2020-22 年度の間で1名((1,000USドル)以上
 30名以上50名未満のクラブは1名(1,000USドル)以上
 50名以上のクラブは2名(2,000USドル)以上
〇ポリオ・プラスへの寄付 一人当たり30USドル以上
〇ポール・ハリス・ソサエティーの会員を地区として 60 名以上
 (ロータリー米山記念奨学事業への寄付目標 )
〇普通寄付 一人当たり 5,000 円以上
〇特別寄付 一人当たり 20,000 円以上
 合計で一人当たり 25,000 円以上

6. ロータリーの公共イメージ向上を図りましょう

・ロータリーを理解し、ともに行動する人々を増やしていくためにも、積極的に活動し、ロータリーの認知度向上に努めましょう。

7. 会員交流会(新会員交流会・職業交流会)に参加しましょう

・変動する時代を踏えたロータリーのあり方を考える場にしたいと思います。是非参加しましょう。

8. マイ ロータリーに登録しましょう

・マイ ロータリーへの登録により、各種手続きや記録の確認がオンライン上で行えるのみならず、様々なロータリー情報に触れ、研修の機会も得ることができます。

9. 2022-23 年度ロータリー賞(ロータリークラブ対象)に挑戦しましょう

・必須事項を確認の上、各クラブで実施可能な活動項目を検討し、ロータリー賞に挑戦しましょう。

2022-23年度
国際ロータリー第2590地区
ガバナー 小倉 正 (横浜)

LOGIN会員用ログイン

会員向けの情報は以下より
ログインしてください。